糖尿病のわかりやすい治療なび

わかりやすい糖尿病の治療なび
うまく血糖値とつきあうために~糖尿病治療の情報最前線~
必ず行うべき糖尿病治療の基本
つらい糖尿病治療をサポートする成分リスト
糖尿病治療に取り入れられる民間療法まとめ
押さえておくべき糖尿病の知識
みなさんご存知の通り、糖尿病の治療の基本となるのが、
食事療法・運動療法・薬物療法の3つです。
まずは行うべき糖尿病治療3つの基本をおさらい

より効果的に糖尿病治療を行うため知っておくべきこと。

食事療法
過食・偏食を避け、体型や運動量に適したエネルギー量を設定してバランスよく1日3食を食べることを基本とする。
1日の適性エネルギー量は男性1,400~1,800kcal、女性1,200~1,600kcal(年齢や肥満度、運動頻度による)。
運動療法
主な目的は肥満の解消で、毎日もしくは週3回、軽い有酸素運動を取り入れて筋肉量を増やし、代謝をよくする。
筋肉痛になるような激しい運動をする必要はなく、ウォーキングならおよそ1万歩を目安に20分程度
薬物療法
経口薬や注射によって血糖値を下げる働きをもつインスリンの分泌を促したり、インスリン自体を外から足す療法。
他の治療法で血糖値コントロールが良好に保てない、そもそもインスリン分泌量が少ない場合に必要となる。

これらの療法は、糖尿病と診断された場合、必ず取り入れるべき治療法です。また糖尿病とまだ診断されていない糖尿病予備軍にいる人も、食事療法と運動療法は積極的に取り入れるようにしましょう。

基本の治療をサポートする糖尿病の民間療法を取り入れて

上記の治療方法を実行することを前提とした上で、さらにその効果を高めたい、慣れない食事制限や運動を続けていく自信がない、薬物療法の副作用が気になるといった方に提案したいのが、民間療法を取り入れることです。代表的な療法は、以下の3つに分類されます。

漢方・アーユルヴェーダ
漢方・アーユルヴェーダ
伝承医学に基づいた薬を用い、血糖値コントロールのサポートのほか、糖尿病によって起こるしびれなどの改善を目指す。アーユルヴェーダに使用されるサラシアは血糖値を下げる植物として有名。
健康食品・サプリメント
健康食品・サプリメント
血糖値の上昇をゆるやかにしたり、血糖値自体を下げる成分を配合した健康食品やサプリメントを取り入れる方法。日常的に取り入れやすいため、食事療法の補助として、大きな効果が期待できる。
鍼灸・マッサージ
鍼灸・マッサージ
膵臓を元気にするツボを刺激したり、指圧することでインスリンの作用を高める。体の疲れを取ることでの運動療法の補助や、食事療法のストレス改善など、副次的な効果も強い。

各方法ともに医学的な研究も進められている昨今、それ単体で糖尿病の治療を行うことは難しいですが、基本の治療をサポートするという目的ならば、十分に価値があるものだといえます。

ただし、これらの方法を取り入れる際は、必ず医師に相談を行うようにしてください。

血糖値コントロールをサポートする健康成分とは

上記の民間療法の中でも、毎日の食事の際に飲むだけなど手軽に取り入れられることから、健康食品を治療に組み込む方は多く、それに準じてさまざまな種類のものが販売されています。

健康食品に用いられる健康成分は、漢方やアーユルヴェーダにも利用されてきた成分を医学的な見地から研究をした上で、採用しているものが多いです。血糖値の上昇をゆるやかにするものから、血糖値自体を下げる目的をもったものまで、期待できる効果は様々。

その中から今回は、現在特に注目を集めている6つの成分をピックアップ。それぞれ、なぜ糖尿病治療のサポートに良いといわれているのか、わかりやすく解説しています。また、それらの成分が含まれる代表的な健康食品の紹介も行っています。

完治ができないといわれる糖尿病ですが、血糖値と上手く付き合っていくことができれば、過剰に恐れる必要性はない病気。みなさんの健やかな毎日のために、このホームページの情報が少しでも役立てば嬉しいです。

【免責事項】
このサイトは個人が調べた情報に基いた内容をまとめています。各健康成分について、糖尿病の治療効果を確約する意図はありません。
血糖値に異常を感じた場合は、必ず医師に相談をしてください。また、各健康食品の情報は販売店へ問い合わせをお願いいたします。
▲ページトップへ
糖尿病のわかりやすい治療なび