糖尿病のわかりやすい治療なび
わかりやすい糖尿病の治療なび
うまく血糖値とつきあうために~糖尿病治療の情報最前線~
必ず行うべき糖尿病治療の基本
つらい糖尿病治療をサポートする成分リスト
糖尿病治療に取り入れられる民間療法まとめ
押さえておくべき糖尿病の知識
HOME糖尿病治療に取り入れられる民間療法まとめ鍼灸・マッサージ

鍼灸・マッサージ

糖尿病の民間療法として取り入れらる鍼灸マッサージについてご紹介します。

糖尿病治療の鍼灸とは?

糖尿病の治療として、鍼灸マッサージが用いられることもあります。血糖値そのものを下げるものと、糖尿病によって生じる症状に対処するものがあるようです。

鍼灸は自律神経のバランスを整えるために行なわれます。自身のインスリンは膵臓から分泌されますが、交感神経と副交感神経からなる自律神経によってコントロールされているそうです。鍼灸によって自律神経に働きかけることで、ホルモンバランス免疫機構が正常になり、それによってインスリンの分泌が促されます。

また、糖尿病によって生じた神経障害によって、しびれむくみが起こることがありますが、これらの症状にも鍼灸は効果的で、血流を促進したり、リラックス効果によって神経症状が緩和されます。

糖尿病のマッサージ効果

マッサージも鍼灸と同様に、糖尿病によって起こる神経症状やだるさなどを改善する効果があります。

また、血糖値を抑制する効果も。人間にはたくさんのツボがありますが、膵臓の働きを改善させるツボを指圧することで膵臓が元気になり、自身のインスリン生成が改善されるケースもあるそうです。

ただし、すでに糖尿病を発症していて薬物療法を取り入れている場合は、鍼灸や指圧を受けたからといって薬物療法を止めるようなことは避けましょう。

糖尿病は早めに処置することが大切であり、鍼灸や指圧が効かず、その間に糖尿病が進行してしまう可能性もあります。あくまで、糖尿病治療のサポートとして取り入れるようにしてください。

自身でできるマッサージも

鍼灸や指圧を出向いて受けなくても、自身でマッサージを行なうこともできます。

糖尿病では血流を促進させることが大切で、また筋肉量を減らさないことも重要です。ヨガのポーズを取ったり、手足のツボを押すことで、リラックス効果も得られます。また、これらは運動療法を助けることにもつながります。

ただし、ある程度進んだ糖尿病の場合、急激に血流がよくなることによって、血糖値が変化してしまう可能性もあるそうです。薬物療法を行なっている人は、マッサージについても、行なう前に医師に相談するのが安心です。

▲ページトップへ
糖尿病のわかりやすい治療なび