糖尿病のわかりやすい治療なび
わかりやすい糖尿病の治療なび
うまく血糖値とつきあうために~糖尿病治療の情報最前線~
必ず行うべき糖尿病治療の基本
つらい糖尿病治療をサポートする成分リスト
糖尿病治療に取り入れられる民間療法まとめ
押さえておくべき糖尿病の知識
HOME治療をはじめる前に押さえておくべき糖尿病の知識そもそも糖尿病とは何か

そもそも糖尿病とは何か

糖尿病の種類には、1型2型があることをご存知ですか?糖尿病とはどういうものか、またその原因などをわかりやすく解説します。

糖尿病の原因

糖尿病とは、簡単にいうと血糖値が高くなりすぎてしまう病気のことです。

血糖値とは「血液中にあるブドウ糖」の数値。そしてブドウ糖は、私たちの身体を動かすうえで不可欠なものです。

「糖」という字が使われているので、甘いものから作られていると誤解されがちですが、ブドウ糖のもとは甘い物だけでなく、ごはんやパン、麺類といった、私たちが毎日食べている炭水化物から多く作られます。

例えばパンを食べれば、それは胃や腸で分解され、ブドウ糖に分解されます。ブドウ糖は、脳や筋肉を動かすためのエネルギー源となるものですから、摂取しないわけにはいかない大切な栄養分です。

しかし、インスリンという私たちの身体にあるホルモンが、なんらかの理由で働かなくなったり、作用しなくなってしまうと、ブドウ糖が血液の中にあふれてしまいます。その結果、血糖値が上昇し、糖尿病になってしまいます。

糖尿病の種類

糖尿病には、大きく分けて2種類あります。

「1型糖尿病」は、膵臓のβ細胞が壊れてしまってインスリンが分泌されなくなってしまうもの。「2型糖尿病」は肥満や運動不足、ストレスなどをきっかけに発病するもので、贅沢病と言われていた糖尿病はこちらに当てはまります。

1型は子どもや若い人に多い糖尿病で、肥満などは関係なく、痩せている人の発病者も少なくありません。

それに対して、2型は中高年に多く、太っている人や運動不足の人に多く見られます。つまり2型は、ダイエットや運動、食事に気をつけることで、ある程度は防げる糖尿病だといえます。

また糖尿病の中には、遺伝子異常やほかの病気を原因として起こるものがあります。ステロイドなどの投与による薬剤を原因としたもの、妊娠することで起こる妊婦糖尿病もあります。

2型糖尿病の原因

圧倒的に多いのは2型糖尿病で、糖尿病患者のおよそ95%は、この2型に属しています。

2型糖尿病の原因は、以下のようなものです。

  • 食べ過ぎ
  • 肥満
  • 運動不足・不規則な生活
  • ストレス
  • お酒の飲み過ぎ

これらの習慣を改善することで、糖尿病の発症を防ぐことが可能です。また、予備軍の人は発症を遅らせたり、すでに2型糖尿病になっている人でも、症状を軽減することが可能です。

▲ページトップへ
糖尿病のわかりやすい治療なび