糖尿病のわかりやすい治療なび
わかりやすい糖尿病の治療なび
うまく血糖値とつきあうために~糖尿病治療の情報最前線~
必ず行うべき糖尿病治療の基本
つらい糖尿病治療をサポートする成分リスト
糖尿病治療に取り入れられる民間療法まとめ
押さえておくべき糖尿病の知識
HOME治療をはじめる前に押さえておくべき糖尿病の知識懸念される症状・合併症

懸念される症状・合併症

多飲多尿やしびれなど、糖尿病の初期症状の具体的な例と、糖尿病の合併症について解説します。

糖尿病の初期症状

糖尿病のやっかいなところは、初期のうちは目立った症状が起こらないことです。そのため自覚症状がなく、発覚が遅れてしまうことがあります。

糖尿病の初期症状には、下記のようなものがあります。

  • やけに喉が渇く
  • 尿の回数や量が多い
  • 体重が急に減る
  • 目がかすむ
  • 立ちくらみが起こる
  • 手足がしびれる
  • 性欲が減退する
  • 月経異常がある
  • だるく、いつも疲れやすい
  • 肌が乾燥したり、痒くなる
  • 手足がむくむ
  • 尿の臭いが気になる(尿に糖が降りる)
  • 残尿感があったり、尿が出にくい感じがする

これらの症状で「ちょっとおかしいな」と思っても、「疲れているだけ」「たまたま」とスルーしてしまう人が多いようですが、いくつか当てはまる方は、病院で血液検査を受けるようにしてください。

初期症状の理由

のどが乾くのは、血液中のブドウ糖を排出するために尿量が増えるからです。すると、さらにのどが乾いて水分を摂り、大量の水分はさらに尿の量を増やします。

食べているのに痩せてしまうのは、インスリンがしっかりと働かず、ブドウ糖を身体のエネルギー源にできないからです。

このように、のどの渇きが続いたり、不自然な体重減少が起こったら要注意

また、せっかく病院で糖尿病であることがわかっても、とくに目立った症状がないうちは治療を受けない人が多いようです。糖尿病は初期の状態であれば、食事療法運動などで症状が改善されることがあるので、初期の段階から治療を受入れるようにしましょう。でないと、恐ろしい合併症を起こしてしまいかねません。

心配される糖尿病の合併症

糖尿病は、血糖値の正しいコントロール方法を身につければ、長くつきあっていける病気です。

恐ろしいのは治療もせずに放っておいて、合併症を起こしてしまうこと。糖尿病自体は持病として付き合えますが、合併症を起こしてしまうと生命の危機に及ぶことがあります。ちなみに合併症で多いのは、目の病気、腎臓病、末しょう神経の病気です。

糖尿病が引き起こす合併症は、以下のものがあります。

  • 糖尿病性網膜症
    最悪の場合、失明に至ります。
  • 糖尿病性腎症
    人工透析を受けることになるなど、深刻な事態を引き起こします。
  • 糖尿病性大血管障害
    さまざまな血管の病気を引き起こす糖尿病の中でも深刻なもので、心筋梗塞や脳卒中、歩行障害などを引き起こします。下肢への血行障害が起こると、足を切断する事態も…。

これらの合併症は、糖尿病によって高血圧になることで進行することがあります。インスリンが必要な糖尿病の場合は、適切な量のインスリンを投与し、できるだけ血糖値を安定させることはもちろん、血圧も適切に保つようにしましょう。

▲ページトップへ
糖尿病のわかりやすい治療なび