糖尿病のわかりやすい治療なび
わかりやすい糖尿病の治療なび
うまく血糖値とつきあうために~糖尿病治療の情報最前線~
必ず行うべき糖尿病治療の基本
つらい糖尿病治療をサポートする成分リスト
糖尿病治療に取り入れられる民間療法まとめ
押さえておくべき糖尿病の知識
HOME必ず行うべき糖尿病治療の基本食事療法

食事療法

糖尿病治療の基本として取り入れるべきものが食事療法です。このページでは、食事療法の基本的な考え方や1日の摂取カロリー、気をつけるべき食材などについてまとめています。

糖尿病治療のひとつ、「食事療法」とは?

糖尿病もしくはその予備軍と診断されたとき、まず取り組みたいのが「食事療法」です。とはいっても、糖尿病のための特別な食事が用意されているわけではありません。糖尿病における食事療法で大切なポイントは以下の3つです。

  • 過食をしない
  • 偏食をしない
  • 規則正しく3食を摂る

ご覧のように決して難しいものではなく、糖尿病に限らず、健康でいるための基本的な食べ方といえます。

適性なエネルギー量とは?

無理なカロリー制限も必要ありません。

通常、成人男性の1日の適性エネルギー量は1,400~1,800kcalで、女性の場合は1,200~1,600kcalですが、これも年齢や肥満度、スポーツなどを行なっているかどうかで変わってきます。

医師に相談のうえ、決定するのがベターですが、エネルギー摂取量算出の目安は「標準体重×身体活動量」で計算します。標準体重は「身長(m)×身長(m)×22」で、身体活動量は体重1kgあたりで以下のような目安があります。

  • 軽労作(デスクワークが主な人、主婦など)→25~30kcal
  • 普通の労作(立仕事が多い職業)→ 30~35kcal
  • 重い労作(力仕事の多い職業)→35kcal~

身長が160cmの人の場合でデスクワークが主な人を例に挙げてみましょう。軽労作の中間カロリーとして身体活動量を28kcalと仮定します。

  • 標準体重(身長(m)×身長(m)×22)
    1.6m×1.6m×22=56.3kg
  • 必要なエネルギー量(標準体重×軽労作の1kgあたりの中間カロリー28kcal)
    56.3kg×28=1,576kcal

つまり身長が160cmでデスクワークが中心の人の場合、1日のカロリー摂取量は1,600kcalが望ましいという目安が立ちます。

食品交換表を利用しよう

エネルギーを計算するうえで利用したいのが「食品交換表」です。ただし、実際に使用する際は医師や管理栄養士に相談するようにしてください。

「食品交換表」とは炭水化物やタンパク質、脂質、ビタミン・ミネラルといった、私たちの身体に必要な栄養素を栄養素別に分けて具体的な食品を挙げているもので、1単位が80kcalで示されています。

1日のエネルギー量が1,600kcalと算出された人は、1,600kcalをさらに朝・昼・晩の3食に振り分け、食品交換表を元にして、好みの食品を選んで食事を摂るようにします。1単位が80kcalですから、1600kcalが必要な人は以下の単位が目安となります。

  • ごはん・芋・小麦粉…11単位
  • 果物…1単位
  • 魚介・肉・卵・大豆…4単位
  • 牛乳・乳製品…1.4単位
  • 油脂…1単位
  • 野菜…1単位
  • 味噌…0.3単位
  • 砂糖…0.3単位

最初は面倒に感じるかもしれませんが、慣れてしまえば簡単です。糖尿病の改善だけでなく、健康全般を考えたうえでも便利なものなので、ぜひチャレンジしてみてください。

取り入れたい食材・気をつけたい食材

糖尿病の食事療法で大切なことは「過食を避ける」ことなどですが、緑黄色野菜は積極的に摂るようにしましょう。厚生労働省にの掲げた目標は野菜は1日350g以上、そのうち緑黄色野菜は120g以上です。

また、インスリンの働きを持続させる亜鉛マグネシウム植物繊維などが含まれた食品もおすすめです。摂ることが難しい人は、健康食品サプリメントから摂取するのもいいでしょう。健康食品の中には糖尿病の症状を和らげるものもあります。

避けたい食品は、カロリーの高い甘いものや脂の多いもの。絶対に食べてはいけないわけではありませんが、摂りすぎには注意してください。

▲ページトップへ
糖尿病のわかりやすい治療なび