糖尿病のわかりやすい治療なび
わかりやすい糖尿病の治療なび
うまく血糖値とつきあうために~糖尿病治療の情報最前線~
必ず行うべき糖尿病治療の基本
つらい糖尿病治療をサポートする成分リスト
糖尿病治療に取り入れられる民間療法まとめ
押さえておくべき糖尿病の知識
HOME必ず行うべき糖尿病治療の基本薬物療法

薬物療法

糖尿病治療の基本のひとつである、薬物療法を解説します。インスリンと経口薬の違いや、低血糖などの副作用についてまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

糖尿病治療の「薬物療法」

ある程度、進んでしまった糖尿病に用いられる療法が薬物療法です。薬物療法で用いられるものが経口で摂取する血糖降下剤インスリン注射です。

インスリン注射は、経口薬では効果がない場合に用いられるのが一般的で、特にもともと身体に備わっているインスリンがほとんど分泌されない1型糖尿病の人には、必ずといっていいほど用いられています。

それではここで、それぞれの効果と副作用をみてみましょう。

経口薬の働きと種類・副作用

経口薬には、働き方が違う数種類があります。

  • スルホニル尿素薬
    インスリンの分泌を促進して血糖値を下げる薬。低血糖を起こしたり、空腹感を感じて体重増加を招きやすいデメリットがある。また、膵臓が頑張りすぎてオーバーワークになってしまい、インスリンを分泌しなくなるケースも。
  • ビグアナイド薬
    肝臓や消化管から糖が吸収するのを抑制したり、末梢組織でのインスリン感受性を改善させることで血糖値を下げる薬。乳酸アシドーシスを起こすデメリットがある。
  • α-グルコシダーゼ阻害薬
    糖の消化吸収を遅らせて血糖値の上昇を防ぐ。肝障害や腸閉塞のリスクがあり、おならが出やすくなる。
  • インスリン抵抗性改善薬
    インスリン抵抗性を改善し、血糖値を下げる。むくみや貧血、肝障害のリスクがある。
  • 速効型インスリン分泌促進薬
    膵臓に働きかけてインスリンの分泌を促す。低血糖を起こすことがある。
  • DPP4阻害薬
    血糖降下作用を持つインクレチンという消化管ホルモンの分解を阻害し、インクレチンの血中濃度を高めて血糖値を効果させる。スルホニル尿素薬と併用することで低血糖を起こすことがある。

このほか、さまざまな薬を混ぜ合わせた配合剤があります。またインスリンとは別の「GLP-1 受容体作動薬」という注射薬もありますが、これはインクレチンを注射することで血糖値を低下させるものです。

経口剤治療では、これらの薬を単体で用いることもあれば、複数を併用することもあります。また、スルホニル尿素薬が効かなくなってしまった場合は、他の薬に変更するかインスリン注射に切り替える必要があります。

インスリンの働きと種類・副作用

インスリン療法では、インスリンを直接注射します。注射は自ら行ないますが、小学生でも簡単に打てるようなペン型タイプが主流です。インスリンは数種類あり、作用するスピードがそれぞれ違います。

  • 超速攻型
    10分後ぐらいから効き始め、3~5時間持続。
  • 速攻型
    食前30分前に注射し、その後1~3時間後によく効き、8時間程度作用する。
  • 中間型
    30分後から効き始め、長ければ24時間持続する。
  • 混合型
    速攻型や持続型を混合しているので、即座に効きだし持続時間も長い。
  • 持効型
    1~2時間後に効き始め、24時間持続する。

このように、インスリンは効きだす時間も違えば、効果が持続する時間も異なります。注射は1日1回で済む人もいれば、4回程度を打つ人も…。どの注射を何度打つかは、それぞれの血糖値の移り変わりをモニタリングして決定します。

血糖値の移り変わりは、人によって特徴があります。例えば、24時間効くと言われているインスリンであっても、人によっては20時間程度しか効かなかったり、超速攻型のインスリンを使った場合、一気に低血糖になったりと、人によって違うのです。

低血糖って何?

インスリンの副作用でいちばん困るのは低血糖です。低血糖は血糖値を下げすぎてしまったときに起こり、ひどい場合は意識を失ってしまうほど大変なものです。

しかし慣れてくれば、「低血糖になりかかっている状態」が把握できます。そのときは、ブドウ糖を舐めたり、甘いジュースを飲むなどすれば、低血糖を防ぐことができます。

また、低血糖はインスリンだけでなく、経口薬でも起こりえます。現在は自分で血糖値を測る簡易測定器もあり、利用している人も多いようです。

インスリンや経口薬を使用しているとき、いつもと同じ量を使い、いつもと同じような食事量で同じ生活を続けても、低血糖が起こることがあります。なぜなら血糖値は、いつも同じ移り変わりをするわけではないからです。また、インスリン治療によって膵臓が休めたとき、膵臓がインスリンを自ら分泌することもあり得ます。そんなときは、低血糖が起こりやすくなります。

糖尿病で大変なのは、コントロールが軌道に乗るまでです。それまでは、自分に適したインスリンや経口薬の量、種類を探ることになります。一度決まってしまえば、あとは微調節が必要ですが、普通の生活を送ることができます。

▲ページトップへ
糖尿病のわかりやすい治療なび